あなたのフレディーマーキュリーはいますか?

ボヘミアンラプソディが大変話題な昨今

遠い昔のロックの偉人っと思っていたら
亡くなったのが1991年と自分が生まれた後に亡くなっていると知って、少し驚いた、以外に遠くない

耳にしたことがない人などいないであろうクイーンの楽曲

亡くなって数十年後にこんなに愛され、再熱狂されるロックスターもなかなかいないであろうし、当時は本当に凄かったんだろうなぁ〜と思う

ここまで書いてなんですが映画は見ていません
クイーンも耳にはしたことはあるがそんなに聞いたことがない、これを機会に聞いてみようとは思った

それよりも今回のこのボヘミアンラプソディの熱狂ぶりを見て
自分には長い時間が経っても熱狂できる
ロックスターはいるだろうか??っと思った



自分たち世代は
生まれた時にはビートルズもジョンもいない
ジミヘンもいなければシドヴィシャスもいなかった
ジョーストラマーはおじさんだった

みんな好きだが、リアルタイムを経験していないと思い入れは少し薄まる

同じ時代をともに過ごし、リアルタイムでその姿を見て胸躍らせるロックスター

初めて買った洋楽CDは覚えていないが初めて聴き込んだのは『ブラー』だ1995年
今でもこの曲は好きだが、途中から犬猿の仲と当時話題だったリアム率いるoasisにどっぷり鞍替えした

時を同じく
アメリカにロックスターが出現していた
ニルバーナ

しかし残念な自分は、ニルバーナの楽曲をわかるようになった頃にはカートはすでにいなかった

ちなみにコートニーも好きだ

レディオヘッドのクリープ
アンダーワールドとトレインスポッティング
バイザウェイなレッチリ
白と黒なスペシャルズ

みんな好きだしみんなスターだが

共通して言えるのは
生で見ていない、ライブを

自分の目で、耳で、肌で感じた経験があるからこそわかるスターの凄さ

ロックスターの名前があっているかどうかはわからないが、自分の中のスターは10年前に見た彼女だ







ビョーク

このブログを書くために調べてみたら、あれから10年経っていた、そしてビョークも53歳

最近の映像はこちら
1995年発売の『ポスト』
わけもわからず『スマート』に載っていたのを見て買って、わけもわからないまま聞いていた中で20年以上たった今でも色あせず大好きな曲『ハイパーバラッド』

何者にも真似できない表現
なんとも言えない歌声
きっと地球外生物

そして何よりすごいのは
自分でも感じたことのない、研ぎ澄まされたような感覚を体で感じること
自分でも何を言っているかわかりませんが、ビョークの楽曲、歌声には不思議な感覚を覚えたことを今でも鮮明に覚えています
体が勝手に動くと言うよりか、ふるえる、振動する、そんな感覚、(ボキャブラリーの乏しさ。。。)

そして余談ですが
以前のお店の時のお客様に音楽を仕事になさっている方いらして、その方のお知り合いが一緒に仕事をしたことがあったそうでそのお知り合いの方のビョークの表現が
「音楽の化け物」(もちろんいい意味で)

(あながち地球外生物も間違いではないかも)

顔も好き

さて、いかがでしょう

皆さんにはそんな自分のロックスターがいますか?


長々とお付き合いいただきありがとうございました
あー楽しい、音楽の話



ハラカズトモが働くお店はコチラ

お問い合わせ、髪やメニューについての相談、質問、予約はLINE@ボタンから簡単に出来ます

ホットペッパービューティーからの予約も可能




函館美容師ハラカズトモのブログ

函館市の美容室ESTMODEのスタイリストのハラカズトモのブログ

0コメント

  • 1000 / 1000