[第1話]綺麗な髪を手に入れるには 〜ドライヤー編

シリーズでお伝えしていく
【綺麗な髪を手に入れるには】

第1回目【ドライヤー編】です

このブログをご覧いただいた事がある方はもうご存知、っと言うか「うるせー!わかってるよ」「しつこい!知ってるよ」「アレでしょアレ」
総ツッコミされそうですが

ヘアビューザー/¥35640
もしくは
白い1つ前のタイプ/¥24300

言わずと知れた
現存するドライヤーで最強で最高な逸品

値段の価値はすぐに
おわかり頂けると思いますm(_ _)m

綺麗な髪もすぐに手に入ります!

任務完了!
即終了!!

ただやはり

全ての方にお使いいただけるものではないと思っております


高額ですねやはり


ではここで
お金をかけずに綺麗にしていく方法を伝授します

これは
美容師からすると
「そりゃそうだ。」
かもしれませんがなかなかやっていないと思います。

自分もそこまで意識してませんでしたし。。。

コレもヘアビューザーを導入して気がついた副産物なのです


お客様にヘアビューザーの良さを目で見てご自分で体感、比較していただけるように

半々で乾かしています

右-通常ドライヤー
左-ヘアビューザー

目で、手で1発で比較できるように

その際

右-通常ドライヤー(操縦士/ハラ)
左-ヘアビューザー(操縦士/アシスタント)

このような図式になると
僕の中では

右-挑戦者(ドライヤー×ハラチーム)
左-絶対王者(ヘアビューザーチーム)

このような思考になり

勝手に戦いを挑む気持ちだ乾かします
(挑む意味も、戦う必要も全くない)

ヘアビューザーは
温風、冷風を交互に当てると
(仕上げに冷風を当てる感じでもOK!ボタンひとつで切り替え可)

バイオプログラミングされます

(言葉の使い方があってるかは不明ですが、これで髪が良くなります)

条件を平等にする為に
挑戦者側も温冷切り替え方式でいきます
(普段はあまりしない)

いざ決戦!

ボォ〜
ボォ〜ボォ〜

はい終了
絶対王者ヘアビューザーの防衛!!
∑(゚Д゚)

ち、ちくしょう。。。

ん?
ん?ん??

アレ

挑戦者側もいつもより綺麗


そうなんです!

普通のドライヤーでも
温冷交互に
もしくは仕上げ冷風で
いつもの温風のみより
綺麗に仕上がります!!


おさらい
1、まずは根元、頭皮のメインに毛を動かすように豪快に乾かします!
(からませない程度の豪快さで)

2、根元〜中間くらいまで乾いてきた感が出たら一度全体を整え(ブラシなら最高、手ぐしでもOK)上から風を当てるように乾かしていく

3、毛先を中心にまとめるように乾かす(手で毛をクルクルしながらがオススメ、少し引っ張るようにでも良いかも)

4、最後に冷風を上から下に向かって全体的に当てて完成(完璧を目指す方は2の後半から温冷交互が良いです)

いかがでしょう!?

まずはいつもの乾かし方に

冷風を

取り入れてみてください!!


綺麗な髪にワンランクアップです


では




お問い合わせ、髪やメニューについての相談、質問、予約もこちらから簡単に出来ます!!
始めての方もお気軽に追加して下さい!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

函館美容師ハラカズトモのブログ

函館市の美容室ESTMODEのスタイリストのハラカズトモのブログ

0コメント

  • 1000 / 1000